スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山田吾一

【訃報】 俳優の山田吾一さん死去
芸スポ速報+[作]2012-10-15 20:14
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1350299670/

1: BaaaaaaaaQφ ★ 2012/10/15(月) 20:14:30.66 ID:???0

俳優の山田吾一さんが死去
NHKのテレビドラマ「事件記者」の新聞記者役などで知られ、テレビや舞台で幅広く活躍した俳優の山田
吾一さんが、13日、心不全のため、神奈川県内の自宅で亡くなりました。
79歳でした。

山田さんは、昭和8年に北海道で生まれ、高校を卒業後、いったんは会社員になりましたが、東京の俳優
の専門学校に入り、演技を学びました。
その後、劇団四季などを経て、昭和33年に、NHKのテレビドラマ「事件記者」に出演し、正義感あふれる
「ガンさん」という愛称の新聞記者役を演じ注目を集めました。
また昭和44年放送の大河ドラマ「天と地と」や、昭和57年から翌年にかけて放送された連続テレビ小説
「よーいドン」など、多くのドラマや映画に出演し、現代劇から時代劇まで幅広い役柄を演じました。
平成2年には、独り芝居の劇団「吾一座」を旗揚げし、舞台でも活躍しました。
山田さんは、近年も映画やテレビを中心に精力的に活動していましたが、13日、神奈川県内の自宅で、
心不全のため亡くなりました。通夜は今月18日、葬儀は19日に、いずれも横浜市内の葬祭場で営まれ
る予定です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121015/k10015764021000.html


スポンサーサイト
[ 2012/10/16 21:09 ] 訃報 | TB(0) | CM(0)

丸谷才一

教養を背景に「笹(ささ)まくら」や「たった一人の反乱」など、
知的で明るい物語性に満ちた小説を書き続け、評論や翻訳でも知られた
作家の丸谷才一(まるや・さいいち、本名・根村才一=ねむら・さいいち)さんが
13日、心不全のため東京都内の病院で死去した。87歳。葬儀は近親者のみで営み、
お別れの会を後日開く。

山形県鶴岡市生まれ。東大英文科卒。自然主義が重んじられる日本の文壇に反発。
1952年にはグレアム・グリーン「不良少年」を翻訳、64年にはジェームズ・ジョイス
「ユリシーズ」を共訳し、注目された。暗くじめじめとした私小説的文学風土を敢然と拒否し、
軽快で面白い長編市民小説を自らの目標とした。長編「エホバの顔を避けて」(60年)でデビュー。
徴兵忌避者を描いた長編「笹まくら」(66年)は高い評価を受けた。「年の残り」(68年)で芥川賞を受賞。

その後も「たった一人の反乱」(72年、谷崎潤一郎賞)、「裏声で歌へ君が代」(82年)、
「女ざかり」(93年)、「輝く日の宮」(03年、泉鏡花文学賞)など話題作を次々に発表した。
昨年も「持ち重りする薔薇(ばら)の花」を刊行。今月7日に倒れる寸前まで新作に取り組んでいた。

ソース:毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20121014k0000m040062000c.html

【訃報】作家の丸谷才一さんが死去
芸スポ速報+[作]2012-10-13 21:32
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1350131547/

[ 2012/10/13 22:30 ] 訃報 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。